パニック障害総合サイト

パニック障害の治療に使われる薬

様々な薬が使用される

パニック障害の治療に使われる薬は様々です。その人その人に合った薬が処方されます。
中でも有名なのは「SSRI」と呼ばれる「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」です。
「デプロメール」や「パキシル」といった名称で薬になっています。

SSRIの効果

SSRIは、現在パニック障害の治療の主流となっている薬です。
不安を抑える神経伝達物質のセロトニンが、元の細胞に再取込されるのを防ぐ薬で、結果的にセロトニンの量を増やします。

SSRIはセロトニンだけに効果がありますので、他の場所を刺激することなく治療を進めることが出来ます。
口の渇きや便秘や動悸などの副作用は少なく、依存性もありませんので、量も十分に投与することができる薬です。

しかし、効果が出始めるまでに2週間から4週間ほどかかります。

SSRI以外の薬も使用される

SSRIが登場したことにより、他の薬はあまり使われなくなりましたが、現在でもSSRIではなく他の薬で治療を続けている人たちも大勢います。

ベンゾジアゼピン

メイラックスやデパスといった抗不安薬です。
抗不安薬をパニック障害の治療薬として使った時のメリットとして、効果が早く出ることや、パニック発作への効果が高いこと、種類が豊富でその人に合った薬を使用する事ができる点です。
しかし、デメリットもあります。デメリットは広場恐怖などの症状に対しては効果が薄いこと、眠気やだるさなどの副作用が出る場合があること、依存性があることなどが挙げられます。

SNRI

SSRIに続いて認可された抗うつ薬で、セロトニンとノルアドレナリンの両方に作用する薬です。
薬の名前としては、「トレドミン」が有名です。
トレドミンはノルアドレナリンにも作用しますので、意欲の低下や行動力の低下を治すことが出来ます。主にうつ病に対して使われる薬ですが、パニック障害にも使用されます。
副作用として吐き気、眠気、頭痛、めまい、高血圧などが見られます。

ベンゾジアゼピン

SSRIやSNRIは効果が出るまでに時間がかかりますが、ベンゾジアゼピンの場合はパニック発作や予期不安が起きてから飲むことで比較的早い段階でパニック発作や予期不安を解消してくれます。

ベンゾジアゼピンの副作用としては眠気やふらつき、動作が鈍くなる、注意力の低下などが挙げられます。依存性もあるため、服用は慎重に行わなければなりません。

β遮断薬

βアドレナリン受容体を遮断する薬です。
心臓の神経に直接作用することで心悸亢進を抑えます。また、ノルアドレナリンのβ受容体にも作用しますので、不安を抑える効果もあります。

副作用として、血圧低下、だるさ、吐き気などが挙げられます。